猫の写メとか載せてます。たまにゲームのプレイ日記やら日常の雑記を書いたりします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
注:本内容にはゾンビ分が含まれます。

ゾンビが苦手な方は引き返すことをオススメします。

また、映画に関するネタバレも含みますのでご注意下さい。




先日、渋谷のユーロスペースにてゾンビデオを見てきました。


“なんかポスターからすでに血だらけ”

昨年末に同所で行われた舞台挨拶も見たので2回目だったのですが、

この作品とにかくいたる場面で血が噴水のようにぴゅーぴゅー吹き出るため

見ているこちらが貧血になりそうでした。

とくに内臓もぐもぐのシーンは、2回目は薄目で見ました(=д=|||)

はい、俺はゾンビとかホラーが苦手です!←これ大事

だのに、なぜ、歯を食いしばり、ゾンビ映画を見に行ったのかというと…

アイドルライター小明さんが可愛らしい女子高生役で出演しているからです!←ここも大事

開始5分でゾンビに殺されてゾンビになっちゃうんですけどね!!←これが一番大事


“こちらがそのお姿”

パンを咥えて走りながら「やっば~い!ちこくちこく~!」と、

昭和の恋愛少女マンガの冒頭シーンのように走る小明さん。

その可憐な姿は笑いの涙なくしては見ることができませんでした。

この直後にぶつかった男性がゾンビで、ガッツリ噛まれてゾンビ化。

人間のときの走る姿より、ゾンビになってからのギクシャクした歩き方のほうが活き活きとして見えたのは気のせいでしょうか?

特に足の動きは要チェックですよ!

その後、ゾンビ軍団を率いる鳥居みゆきさんと一緒に、主役である「℃-ute」の矢島舞美さんたちを襲いに行くのですが、あっさりと返り討ちにあい大量ゾンビ虐殺兵器の前に生首のみという哀れな姿になってしまうのでした。

ちなみにそのとき生前の記憶(パンを咥えてちこくちこくー)が白黒映像で流れるのですが、悲劇のヒロインさを醸し出していてちょっと切なくて感動しました。

会場からはクスクスと笑い声が聞こえてきたような気がしましたけどきっと幻聴でしょう。


と、こんな感じで小明SIDEだけを見るとアレですけど、実際映画自体も面白かったです。

ホラーが苦手な自分でもちゃんと最後まで見ることができましたし、

矢島舞美さんと敵役(?)の中島早貴さんが可愛くて、怖さとグロさをうまく中和してくれていました。

他の演者さんたちもみなさん個性的で終始笑いの絶えない内容となっていました。

鳥居みゆきさんの独特な演技は一見の価値ありですよ!

あと個人的には宮崎吐夢さんの演技が好きでした(笑)

このあとも続く的な感じのラストだったのでこれがヒットすれば2ができるのかな?

そのときはぜひまた小明さんに出てほしいです。

だってゾンビは脳をつぶされないかぎり死なないんですよね?

次回作は生首出演期待です♪


上映後は村上賢司監督、杉作J太郎さん、特別ゲストの小明さん(ゾンビ仕様)が登場。

そして普通にお客さんとして見に来ていた宮崎吐夢さんも壇上に上がり、

この日、ゾンビのコスプレをしてきた人の中から1番を決める催し“ゾンビコンテスト”が開催されました。

平日の夜だったので、そんな奇特な人はそうそういないだろうと思っていましたが、なんと3人もの猛者が!

しかし、全員見たことのある顔ぶれです。

言うまでもなくみなさん小明さんのファンの方でした。

fc2blog_2013012219535227c_1.jpg
“にこやかに微笑みながら「通り過ぎる人たちが見ていくから恥ずかしいです」と某名無し氏は語った”


そんなこんなで無事(?)コンテストも終わり荷物をまとめて外へ出ると

小明さんが一緒に写メを撮ってくれていたので自分も無理を承知でお願いしてみました。

終電の時間が間近にもかかわらず快く承諾してくれた小明さん。

fc2blog_20130122195439773_1.jpg
“このあと首をがぶり!とはなりませんでした”

ショートヘアゾンビ可愛いかったです♪ありがとうございました!


それとDVDとブルーレイが早くも4月に発売らしいですね!

ブルーレイとか高画質で見てもいいのだろうか…

今は関西の方で公開中だと思うので、

そちらの方面の方でゾンビが苦手でない方はよかったら見てみて下さい。

なるべく食事は済ませてから見たほうがいいですよ…


こちらが予告編です。
スポンサーサイト
2013.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://detective0482.blog71.fc2.com/tb.php/2303-4f84dd69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。