猫の写メとか載せてます。たまにゲームのプレイ日記やら日常の雑記を書いたりします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小明(あかり)に還りなさい・・・

あかふくたどり・・・

妬みと嫉みの水源へ・・・

もいちど君よ光れ・・・

売れるためなら・・・

魂まで腐乱!!




はい!というわけで

11月18日はアイドルライター小明さんの

アイドル活動10執念記念イベントでした。

A8B3drrCIAAXfbi.jpg
“周年ではなく執念です。むしろ怨念に近い気も・・・”

毎度のことながらレポが遅くてスミマセン。

参加してきましたので拙い文章ですがしばしお付き合い下さい。



場所は毎度おなじみ新宿ロフトプラスワン。

イベントは二部構成で行われました。

第一部では集まったファンからアンケートを募り、

それを酒の肴にやんややんやする通常運転。

そして第二部は、

小明さんのチャームポイントのひとつでもある

黒髪ロングの断髪式を行いました。


“ファン一同から巨大な花輪が”


“プロデューサーさんプロデューサーさん!月刊シリウスで連載決定らしいですよ!”



まずはその第一部から。

ファンの拍手に囲まれ血まみれのウェディングドレス姿で登場した小明さん。
※どんなドレスかはこちらを→http://yaplog.jp/benijake148/archive/13339

舞台に上がると、劇場版の新作が公開されたからという理由で、

エヴァンゲリヲンのOP“残酷な天使のテーゼ”を歌い上げました。

やはり認知度の高い曲は盛り上がりました。

でもせっかくの10周年なんだから“君w”を歌えばよかったのにと思ったのは俺だけでしょうか?

歌が終ると進行役の北村ヂンさんとトークスタート。

あいかわらず大喜利アンケートは敷居が高く、

自分のような平凡な人生を送ってきた者では読まれるわけもありません。

あきらめてみなさんの波乱万丈人生を笑っておくことにしました。

いつもは話が反れて時間が押すと、

“ヂンさんが注意→小明さんが微妙にそれを無視”

という流れなのですが、今回妙に素直な小明さん。

その秘密は第二部にありました。



第二部は黒髪ロングの断髪式です。

ですがその前に…

10周年イベントに相応しい、否!それを補って余りあるゲストが呼ばれました。

なんと、小明さんの憧れの人でもあるあのオーケンこと大槻ケンヂさんです。

アコギを片手に颯爽と登場。

会場は今までにないほどのヒートアップ!

小明さんが登場したときよりも拍手が大きかったような気が・・・

(;´-`).oO(君らはいったい誰のファンなんだ)

珍しく小明さんが時間にきっちりな理由はコレだったのかなと(笑)

断髪式の最初の介錯人として呼ばれたとの事でした。

さらに生歌を二曲も披露してくれました。

一曲目は“日本印度化計画”。

テレ東の子供向け番組“ピラメキーノ”のおかげで再ブレイク中なのでしょうか?

実はこの日、イベント前にオフ会を行ったのですが、

そこでミートテックで有名なある方がカラオケで同曲を歌っていたのでちょっとびっくりしました。

そして二曲目は小明さんたっての希望ということで“GURU”を歌いました。

ライブでこの曲を聞いたとき「私のための曲だ!」と思ったそうです。

オーケンさんの熱くて、でも優しい歌声に会場一同が酔いしれました。

ふと小明さんを見るとその目に涙が。

あんな顔を見たのは初めてでした。

鼻の頭を真っ赤にして必死に涙を堪えようとする小明さん。

このときの彼女はきっとアイドルでもライターでもなく

自分のために歌ってくれているオーケンさんに心を打たれている一人の乙女だったのでしょう。

正直なところ、ファン歴1年ちょっとで数回しか話をした事がない自分にはこの涙の理由も重さもわかりかねます。

でも、ただ“感動したから”という一言では片付けられない何かがそこにはあるんだろうなという事は伝わってきました。



歌のあとはいよいよ断髪式です。

おちゃらけつつも緊張の面持ちのオーケンさん。

ひとつまみの髪の束をジョリジョリと切り落としていきます。

小明さんの髪は薄いけど一本一本がしっかりしてるのかもしれないですね。

なかなか一気にバッサリというわけにはいかないようでした。

ファンの方たちの中からも数名が断髪要員として選ばれており数回に分けて髪を切りました。

切り終わった髪は後で何に使うのかわかりませんが本人がお持ち帰りしたようです。

(´ω`).oO(筆でも作るのかな?)

短くなった髪でみんなの前に立つとまた何かこみ上げるものがあったのか両手で顔を覆う小明さん。

数秒の沈黙のあと手を開くとそこには何事もなかったような笑顔が。

そこまで強がらなくてもいいのに、こんなときくらい泣いたっていいのに…

でもきっと彼女はこれからもそうやって生きていくんでしょうね。

ならば俺たちは黙ってそれを支えて行くだけです。

笑顔には笑顔で、憎まれ口には憎まれ口で、妬み嫉みに対しては妬み嫉みで。

20執念、30執念が迎えられるように応援して行きますよ!

ちなみに笑いと感動のイベントのなか、オーケンさんは歌と断髪の仕事が終わると

他の人が髪を切るところを見ながらビールと枝豆でご満悦の様子でした。



イベント終了後は毎度の事ながら握手会です。

各々短い時間ながら小明さんに声をかけ握手をしチェキを撮ってもらいます。


“10執念記念本です。小明さんの10年間がみっちり詰まってます”

普段なら自分もモニョモニョと喋って引きつった顔でチェキを撮ってもらって終了なのですが、

今回はひとつの使命がありました。

ひと月ほど前に、10周年の公式座談会に落選した者たちと

参加したくても参加できなかった方たちのアンケートを元に裏座談会を行いました。

そしてそれを一冊の本として今回のイベントで小明さんへお渡ししようと考えていたのです。

結局本とは違うかたちになってしまいましたけど…

表紙と裏表紙を作り、裏座談会でのトークをレポートとCDにしました。



そしてみなさんからのアンケートを印刷して一冊のファイルにまとめました。


“完成したのがこちらです”

fc2blog_20121124210506064.jpg
“こっちが表紙で”

fc2blog_20121124210709cd7.jpg
“こっちが裏表紙です”
注:転載や改変は決してしないで下さい。お願いします。

この二枚のイラストはひとりのアカリストさんのご協力の賜物です。

俺は本当に素晴らしい方たちに支えられているんだなと心から思いました。

そしてこのファイルと…

みなさん覚えているでしょうか?

この夏に小明さんの親友でもあるしょこたんから小明さんへ渡して欲しいと託された例のブツを。

はい、セミの抜け殻ですキリッ
※詳細はこちら→http://detective0482.blog71.fc2.com/blog-entry-2121.html

机の上でいつまでも睨みをきかせていたコイツをようやく処分お渡しできる時が来たのです。

緊張しました。

心臓がきゅーっとなるほど緊張しました。

舞台のすぐそばまできた時にその事を話していると、

ヂンさんに「死なないでよね」と言われました。

こんなところで死ねるかー!死ぬなら握手した後じゃー!

そうこうしているうちに気付けば自分の番に。

まずはセミの抜け殻をお渡ししました。

「きもちわる!きもちわる!」と連呼する小明さん。

keikakudoori.png

そしてその抜け殻と一緒にチェキを撮っていただきました。

fc2blog_2012112420562162b_2.jpg
“ある意味しょこたんと小明さんとのコラボレーション!(?)”

ファイルもちゃんとお渡しすることができました。

ただ、緊張と焦りからほとんど中身に関しての説明ができませんでした…orz

しかし自分検索の鬼である小明さんの事だからきっとここを見てくれていると信じて言わせてください。

十恩とはアカリストからの十年間の恩返しという意味です。

決して他意はありません。



そんなわけでこの日は自分にとってまたひとつ忘れられない一日になりました。

次は来年の1月にある生誕祭ですね。

あとは年末のゾンビデオでしょうか。

10執念が終わっても彼女の執念は続きます。

そしてそれを追いかけるアカリストたちの執念も続きます。

俺もそんなみなさんの執念にちょっとでも追いつけるように適当に力を抜きながらやっていこうと思います。

以上、10執念のイベントレポートでした。

最後に、

今回の血まみれのウェディングって初めて生の小明さんを見たときに来ていたコレでしょうか。

20120123234614_2.jpg
“このときはこんなに真っ白だったのに”

なんだか感慨深い気持ちです…



以下おまけ
いろいろなアカリストさんにお土産やらプレゼントやらをいただきました。

中には策略を感じるものもありますけど…

この場を借りてご紹介です。



遠路はるばる赤福を買ってきていただきました!

すみません。写メを撮るのを忘れてましたorz

小腹が空いていたので3切れもいただいてしまいました(^o^;

ごちそうさまです!



本文にも登場しましたミートテックで有名な方からは

今回もお手製のお菓子をいただきました。

fc2blog_20121124213002e4e.jpg
“スイートポテトです”

これが家で作れるとかすごいですね。

甘さ控えめで美味しかったです♪

図々しくもまた次回もお願いしてしまいました。



中国からのお土産もいただきました。


“麻婆味のプリッツでしょうか”

注:パンダ味ではありません。



東京女子流のCDをいただきました。

その方はめいてぃんさん推しらしいです。


“どの方がめいてぃんさん?”

歌はとてもかっこよかったです!

それにしても四次元ポケットかと言わんばかりに何枚もカバンから取り出していろんな人に渡してたけど一体何枚購入したのでしょうか?



関西のドンから小明さんもご愛用(?)の指人形をいただきました!


“キモかわいいというやつですね”

いつも気にかけてくれてありがとうございます♪



みなさん本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします<(_ _;)>
スポンサーサイト
2012.11.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://detective0482.blog71.fc2.com/tb.php/2251-846f8fe2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。